ジギング船FALCON トップページへ

| ジギングタックル|ジャーキングパターン|ジギング便釣行1日の流れ|

ジギングタックル 丹後沖 青物標準
ロッド 6フィート前後のジギングロッド
リール スピニングリール メインラインが300m以上巻ける物
メインライン PEライン3号前後 200m〜300m
ショックリーダー フロロカーボン40ポンド(12号)前後 3m〜10m
メタルジグ 3オンス〜6オンス(100g〜200g)
140g前後を水深、潮流、ベイトサイズにより使い分け
ポイントの水深は、30m〜120mです
レンタル
ジギングタックル
     あります
事前に予約してください。ジギングロッド+PEライン付きスピニングリール
ジギング用7組(ブリサイズをキャッチの実績多数あります)
メタルジグ、フック、リング、プライヤーは持参してください
釣り方など分からない事があれば船長に聞いてください
注意ラインブレイクする事がありますので自前のタックル使用をお勧めします
ジャーキングパターン
ワンピッチジャーク ロッドを1回シャクリと同時にリールを1回転巻く
ロッドが下向きの時にリールのハンドルが下向き
ロッドが上向きの時にリールのハンドルが上向きになるよう
リールを巻きながらロッドをしゃくるを規則的に繰り返す
「ベイトフィッシュが逃げる動きを作り魚に追わせる」
ジャカジャカ巻き ワンピッチジャークのロッドとリールの向きが反対です
ロッドを1回シャクリと同時にリールを1回転巻く
ロッドが下向きの時にリールのハンドルが上向き
ロッドが上向きの時にリールのハンドルが下向きになるよう
リールを巻きながらロッドをしゃくるを規則的に繰り返す
「ベイトフィッシュが逃げる動きを作り魚に追わせる」
ロングジャーク リールを巻かずにロッドを大きく長くシャクル
「ジグを横跳びダートさせる。水の波動を出し魚を反応させる」
ただ巻き ロッドのシャクリなしでリールを数回転巻く
「ジグをスイミングさせ魚に追わせる」
速巻き ロッドのシャクリなしでリールを速く数回巻く
「ジグを速くスイミングさせ魚に追わせる」
ストップ ロッドのシャクリなしリーリングなし
「ジャーキングの間にジグの動きを止めバイトのタイミングを作る」
フォール ロッドを下げてラインを送る
テンションフォールやフリーフォール
「ジグをヒラヒラと落下させバイトのタイミングを作る」
コンビネーションジャーク 複数のジャークの組み合わせ
高速ジャカジャカ巻き〜ロングジャーク〜ショートフォール、
速巻き〜ストップ、等
ロッドワークやリーリングのスピードの組み合わせで多種多様
「ベイトフィッシュの逃げる動きで魚に追わせストップやフォールで
 バイトのタイミングを作りヒットさせる」
ベベルジャーク アンダーキャストし斜め(ベベル)に各ジャークをする
「アクションがベイトフィッシュの泳ぐ角度に近く自然」
「ヒットした魚に他魚が付いてきて魚群が船に寄って来る」
「ヒットゾーンを多くジャークできる」


釣行行程 ジギング便の1日の流れ
出船時間までに乗船場所に集合しタックルにジグをセットし船の到着を待ちます。
船にタックルや荷物を積み込み乗船名簿を記入し氷を配ると出船します。
船の移動中は安全の為、ブリッジ内や後部座席に座ってください。
ポイントに到着し「どうぞ」の合図でジグを投入します。
根掛りやお祭りしないようサミングしラインに抵抗を掛けて下ろし底を取ったら
各種ジャーキングで魚を誘います。
手元まで10mになりましたらアクションせずに回収し再度投入します。
 風下側、潮上側の人はアンダーキャストし投入します。
 (船の下にジグが入るとラインがプロペラや舵に絡んだり
   船底にラインを擦りラインやジグを損傷します)
魚の取り込み
大物がヒットした時は船長に合図をし残り10mで呼んでくださいネットで掬います。
小物(1`以下)は抜きあげますが、
魚が水面下に居る状態でリーダーを手でつかみ抜き上げてください。
ロッドで抜き上げる方は、上げる際にフックアウトするとフック付きのジグが飛んで
人に当たりますので、ロッドを下向きにし竿先とジグの間を50cm以下に
巻いてから抜き上げます。
ヒットさせてた人はヒットしたジグのタイプやジャークパターンや水深を周りの人に教えてください。
ヒットチャンスを逃さぬよう良く釣れている時は釣りをしてください。
よくあるヒットパターン(参考程度です)
何れもアンダーキャストで斜め(ベベル)ジャークが良くヒットするようです
 ブリ系 コンビネーションでスピードの変化を付けリアクションバイト
     低水温時は、スローなワンピッチ数回〜ストップ、等
 ヒラマサ 少しスラックが出るくらいのワンピッチでバイト、等
 マダイ シャクリ幅の小さいワンピッチ数回からショートストップ、等
状況が良くハマチが高活性な時はヒラマサやマダイ等も一緒に捕食しているので他魚種の大物
をバイトさせるチャンスです、それぞれの魚がヒットし易いリグやアクションで狙って見てください。
潮の流れ、ベイトの種類、水温、水の濁り、日照、ポイント、魚の活性、等により
ヒットパターンは様々です、いろんなジャークやジグをためしてヒットパターンを探してください。
「上げてください」の合図でジグを回収します。
 回収中は同時同方向にジグが一斉に速く動くため魚が反応しバイトする事がありますので
 ジャクリながら回収してください。  回収ヒットする時は速いアクションが良い状況かも?
「ポイント移動します」の合図で船が走ります。
船の移動中は安全の為、ブリッジ内や後部座席に座ってください。
船を走らせ魚の群れを探し多くのポイントを回ります。
終了時間になり帰港します。
荷物を降ろし料金をお支払いください。
ありがとうございます気をつけてお帰りください。

ジギング船ファルコン